KAYS掲示板 118437


(当掲示版の説明については、スレッド一覧をご覧ください。)



BBC-WS英語でBush House追憶番組

1:noix :

2011/12/20 (Tue) 05:45:52

おはようございます

来年明け渡されるBush Houseの70年以上の歴史を振り返る

12/25 04:05,20:05
12/26 07:05,11:05

ソースは月間短波2011年12月号(第5版)
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/TA1112.html
2:KAY2 :

2011/12/20 (Tue) 17:07:02

noixさん、いつもありがとうございます。

Bush House も追憶ですか…。うーん、なんだか、実感がわかないですね。
でも、考えてみれば、来年ってもうすぐですもんねぇ

自分の中に「BBCといえば Bush House」という刷り込みが強すぎて…。
多分、同じような感慨を抱く人も多い事でしょう。

イギリスに住んでいた知り合いもBush Houseこそイギリスでの放送のアイ
コンって言っていました。

そこを離れちゃうなんて本当に惜しいですね…。
3:noix :

2011/12/21 (Wed) 07:40:17

おはようございます

こういうのって、引っ越してしばらくしてからジワジワくるのかも。
BBCどころか、東京タワーからスカイツリーが、まだ実感のない私です。
4:noix :

2011/12/27 (Tue) 21:23:08

Goodbye To Bush House Episode 1
オンデマンド開始
ttp://www.bbc.co.uk/programmes/p00m98kf

※ソースは「国際短波放送情報」サイト
5:KAY2 :

2011/12/31 (Sat) 10:00:09

noixさん、1回目、聞いてみました。

それにしても、いわゆる放送局舎を舞台に歴史を振り返るって、やっぱり Bush House
だからできることですよねぇ。

ひるがえって我が国、渋谷にあるNHKの放送センターを舞台にしたら、50年くらいの
歴史があるそうなので、それなりの内容になるでしょうけれど、どうも、味わいが…。内
幸町の放送会館、あるいはもっとさかのぼって愛宕山の建物が残っていれば…という気は
します。Bush House という建物そのものの持つ味わいって大きいですよね。

そういう、歴史的建造物の重みを知った23分でもありました…。もちろん BBC WORLD
SERVICE という放送の歴史そのものが貴重なのも言うまでもありませんが…。

続きは日本時間で明日、年明けですね。(^^)


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.